ダウンロード

必須項目です *


ガートナー社は、マジック・クアドラントのアプリケーションパフォーマンス監視(APM)部門でSplunkをビジョナリーに位置付けました。この部門でSplunkが取り上げられるのは初めてです。これは、Splunk® Enterprise、Splunk® IT Service Intelligence、そして近年のSignalFxおよびOmnitionの買収によって得られた革新的なテクノロジーなど、Splunk Data-to-Everything™プラットフォームの先進的なAPM機能が評価された結果です。SignalFx Microservices APM™の獲得により、SplunkはAPM分野において以下のような独自の優れたアプローチを展開しています。

  • NoSample™の異常を見逃さない分散トレーシングと制限のないカーディナリティ調査
  • オープンスタンダードのインストルメンテーション機能と、OpenTelemetryへの積極的な貢献
  • AIベースのインスタントトラブルシューティング
ガートナー社は次のように記しています。「稼動中のマイクロサービスの監視を目的としたAPMの導入率は昨年の61%から78%に増加しています。また、回答者の49%がクラウドでAPM監視環境を導入しています。これも昨年の36%から増加しています」

ガートナー社がMQ APM部門でSplunkをビジョナリーと評価した理由について、無料レポートをダウンロードしてご覧ください。

 

レガシーアプリケーションと最新アプリケーションの両方で信頼性を得ています




ガートナー社2020年マジック・クアドラント、アプリケーションパフォーマンス監視部門、Charley Rich氏およびFederico de Silva氏、2020年4月22日

このグラフは、より大きな研究文書の一部としてガートナー社によって発表されたものであり、文書全体のコンテキストの中で評価されます。ガートナー社のドキュメントは、Splunkの要請によって入手可能です。

ガートナー社は、同社の研究発表文書に記載されているベンダー、製品、サービスを裏付けるものではなく、技術ユーザーに最高評価またはその他の評価を受けたベンダーのみを選択するよう勧めるものではありません。ガートナー社の研究発表文書では、同社の研究組織による意見が述べられており、事実の記述として解釈されるべきものではありません。ガートナー社は、商品性や特定の目的に対する適合性の保証を含む、本研究に関する明示的または黙示的な保証を一切放棄するものとします。

GARTNERは、Gartner, Inc.および/またはその関連会社の米国および国際的に認められた登録商標およびサービスマークであり、ここでは許可を得て使用しています。無断複写・転載を禁じます。